マークシートでも”思考力”や”表現力”を鍛えられる方法

マークシートは答えを記述するのではなく、選択した部分を塗りつぶすだけなので思考力や表現力を鍛えるのは難しいと言われています。

マークシートを導入する際にコレを知っておくと便利!

OMRとは何か知っておこう

OMRとは、Optical Mark Reade(光化学式マーク読み取り装置)の頭文字のことで、マークの読み取りに特化した機械です。

OMRとスキャナの大きな違いを知っておこう

OMRとスキャナの読み取り方法の違いに精度・スピード・速度の3つがあります。処理スピードにすぐれているのはOMRですが、その分コストも高くなります。

使い方によって会社を選ぼう

マークシートを使う目的や、予算に応じて適している会社は変わってきます。事前にしっかりとチェックすることが大切です。

必要な備品などをチェックしておこう

マークシート用紙や読み取り機器、ソフトなどマークシートを導入する前に何が必要なのかチェックしておきましょう。

マークシートをカスタマイズできるかチェックしておこう

会社独自のチェック項目を作りたいのであれば、マークシートをカスタマイズできるかはとても重要です。

企業で利用するものの注目すべき点とは

ノートに書く人

企業においての課題解決を目指せるとして、マークシートを導入する企業が増えているといいます。様々なシーンでの利用をする事で、かけなくても良い手間が削減されて、働き方改革を実現している企業も多くあります。最近企業で利用されているマークシートの、特に注目すべきポイントがスキャナー利用が出来るという点になります。従来の、マークシートを1枚ずつ専用の機械に入れて読み込むタイプではなく、市販のスキャナー等で読み取りが出来るものが好評のようです。そうした専用機器が必要ないという以外にも、CSVファイルや表計算ソフト等での表示が容易に行えるという特徴もあります。これによって集計データの社内共有等もしやすくなり、業務短縮等につながっていきます。

外部業者への委託をしなくて済むようにする

ノートを取る

このように便利なマークシートですが、利用目的も企業・組織等によって様々のようです。代表的なものに、企業内の昇格試験や検定等にマークシートを使うという目的があります。これまでは試験官が手で採点したり、マークシート採点業者に依頼していたものが、全て自社で出来るようになります。これによりコストカットはもちろん、即日採点で結果発表も可能、そしてプライバシー保護等様々なメリットが得られます。その他、社内コンテストに用いて、採点ミスを少なくする等の目的で導入する例も良く見られます。

考え一つで色々な使い方が可能です

ノートを取る

マークシートは活用の幅が広いという点でも、多くの企業で導入が進められています。その活用方法の一つが、ストレスチェック等の社員のメンタルヘルス等に活用するという例です。ストレスチェック等のメンタル面の状態を正確に測るためには、ある程度定型的な質問を並べた方が正確な情報を得やすくなります。ある程度定型的な質問を並べて計測するというシーンに、マークシートはうってつけといえます。また、マークシート制作ソフトを導入し、アンケートのレイアウトを学習するという目的で導入している所もあるようです。自分たちでマークシートを作る時に色々考えながら作る事で、独自ノウハウを構築出来ます。

広告募集中