HOME>アーカイブ>マークシートの選び方や導入目的は?OMRやスキャナなど

マークシートの選び方

マークシートはOMRやスキャナを使って集計をします。それぞれのメリットやデメリットを理解して選びましょう。

マークシートの主な導入目的

  • 採点や集計時間の短縮を目的とする導入
  • 学校や職場などの満足度調査を実施するための導入
  • データ管理の簡略化を目的とする導入
  • アンケート用紙作成のコスト削減を目的とする導入
  • 社員の勤怠管理を目的とする導入
  • 学生の進路調査を目的とする導入
  • 学生や社員の出欠確認を目的とする導入
  • 病院でのストレスチェックを目的とする導入
  • 病気の研究調査を目的とする導入
  • 社員やスタッフの適性検査を目的とする導入

どんなメリットがあるのか

ノートを取る

マークシートを利用すると、アンケートなどの集計がとても手軽になり、従業員の負担を減らすことができます。マーケティング活動を行うためにリサーチを行う場合、マークシートを利用すると集計や分析がより簡単になりますので、自社でリサーチを行うことができます。そうなると、これまでは外注していた業務を自社で行うことができ、コストカットを測ることができるのもメリットです。ではこのマークシートを導入するときにはどれくらいの費用が掛かるのか気になるという人も多いといえますが、サービス内容によって幅がありますが、10万円くらいが相場的な価格といえるでしょう。例えば、大学などの教育機関では、テストなどにマークシートを用いることで業務効率化を図ることができます。

業務効率化が図れる

ノートを取る

マークシートはシート状の文字や丸などを塗りつぶしたり、印をつけることで簡単に集計を取ることができる便利なツールです。マークシートを導入することで業務効率化などを測ることができ、注目度の大きなツールです。

評判も良い

ノートを取る

さまざまな目的で活用することができるマークシートは、これまでは手作業で集計をしていたけれども、機械で簡単に同じ作業を行うことができます。そのため、導入してよかったという声なども多くあり、評判の良いツールです。

広告募集中